2010年09月15日

9/12の小野神社のお祭り

ということで(どういうことで?)
先日言っていた小野神社の例大祭(秋祭り)の話です

まず小野神社をご存じ無い方へ、まじめな話はウィキペディアをご覧ください
ウィキペディア 小野神社
ウィキペディア 武蔵国
ウィキペディア 大国魂神社


簡単に言えば、より古い文献や大国魂神社で
武蔵国一宮として古来扱われていたのが小野神社です
今は氷川神社が一宮として有名ですが、それは歴史的には浅いものです
祭神は、近年スピリチュアルの世界でも注目されている
川と浄化の女神、瀬織津姫(セオリツヒメ)様

そして、小野神社は多摩川を挟んで2カ所にあるのですが
今回の話は多摩市側の小野神社です


小野神社は意図的に隠されているのかと深読みしたくなるほど、由緒に似合わない小さな神社です
通常は社務所すら閉まっていて、巫女さんどころか神主さんすら姿がありません^^;

小野神社

それが、年に3度だけ大きく様変わりします
その時が、正月と春秋のお祭りです

お祭りの際は、片側3車線の大通り、川崎街道を
一車線分通行止めにしてお神輿が通るというかなり大がかりなことをします

川崎街道ってどんな所かと言いますと

このCM

この撮影場所と全く同じ場所を、麦わら帽子の選挙カーではなく御輿が通っていくのです
しかも途中2度、道路を通行止めにしてUターンするという荒技付き

どんなお神輿かというとこんな感じ

大人神輿

威風堂々としていますが
個人的にツッコミを入れたいのは隣の子供御輿(のはずの御輿)

子供?神輿

どう考えても、由緒と歴史(年期も)があるのはこっちです^^;

しかも、小野神社は武蔵国一宮として古来から文献に載ってきましたが
その際、神紋(神社のシンボルマーク)は左三つ巴と言われてきました

左三つ巴

しかし、小野神社では意図的に隠したかのように
普段左三つ巴の神紋はどこにも見あたらないのです

賽銭箱にもありません

賽銭箱

大人用のお神輿にも、使われていません

大人神輿拡大

でも・・・

この子供御輿(のはずの御輿)には

子供神輿拡大

左三つ巴がある

歴史の陰で隠された(のかもしれない)武蔵国一宮とその神紋に思いを馳せる秋祭りでした


ちなみに・・・小野神社に行ってみたいとお考えの方へ
小野神社は京王線聖蹟桜ヶ丘が最寄り駅です(新宿から30分くらい)

また、

スタジオジプリ「耳をすませば」の舞台として描かれたのも
小野神社のある聖蹟桜ヶ丘駅周辺なのです♪


posted by 蒼綺晶 at 23:38| Comment(0) | 徒然
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright 2009-2012 -- 蒼綺晶 -- All Rights Reserved