2009年08月09日

8月8日お茶会ワーク

さてさて、昨日のお茶会ワークの感想です

まず、昨日のお茶会ワークでは、私の方からも
日食後にできた新アイテム(?)
【光芒の小袋のこびとたち】の先発隊が旅立っていきました
当日に驚いていただこうと、匂わせるだけでしたが
マジェンダさんのブログでご紹介いただきましたように
2D(紙などの平面)ではなく3D(立体)です
先発隊頑張ってこいよ〜(^_^)/~


そしてそしてワーク本編ですが

まず最初が
花香の宮:茉莉花さん
「音とレイキでデトックス&リラックス」

一言で言えば・・・くすぐったかった!
まずうなじの辺りにオイルを塗ってもらったのですが、それがまずくすぐったく
次にヒーリング用の音叉でチューニングを受けたのですが
プルプルとした振動がこそばゆいの何の

Vibrations
Photo by paolofefe - Photography Is Color

リラックスはリラックスなのですが、噴出しそうで我慢していました(´∀`)
そしてその後一斉にレイキを受けたのですが、
今度は手のひらの上に竜巻みたいな回転するエネルギーが!

Tornado
Photo by poo dog

手のひらの中心で爪先で小さな丸をぐるぐると描いてみてくさい
・・・やっぱりくすぐった〜い(・∀・)


次は
舞踊の宮:ゆみこ〜んさん
「森のマナダンスワーク」

形式張ったものではなくそこまで激しいダンスでもなく
ですが踊っていくと次々に森のイメージが浮かんできました

Forest
Photo by tinken

Deep - Coopers Rock State Forest
Photo by respres

そしてだんだんと自分の体が森と一体化して
音の響きは森を吹き抜ける風
踊る動きは木漏れ日のきらめき
そんな感じがするダンスでした。

最後に
母海の宮:マジェンダさん
「阿修羅スーパープロテクション」

朱・緑・紫・黒の4つの阿修羅を表すオリジナル梵字を使い
エネルギーを送って頂きました

朱金のエネルギーが届くと、
全身が清らかな朱と金の縁の、純白の炎に包まれ
特に太陽神経叢(第3チャクラ辺り)で同色の
小さな太陽が輝いているイメージが浮かびました

Fire in the chimney
Photo by Tambako the Jaguar

温かいな〜と感じていると、緑金に代わり
今度は緑のピラミッド型結界のイメージになり
確実に自分は守られているのだという安心感に包まれました

もっと明るくて鮮やかなエメラルドグリーンのピラミッド
Moerenuma(2008.9.15) - 15
Photo by saname777

そして



意識が無くなりマシタZZZ

ふと目を覚ますと終わった直後
ただ、一晩熟睡したような感じでとてもすっきりしました

ちなみに、普通は音読みは音読みで、訓読みは訓読みで読みは揃えるのが普通なので
金:キン(音読み)に揃えるなら、シュ・リョク・シ・コクになりますね〜

黒金だけ、玄(青龍・白虎・朱雀・玄武の玄=くろ、ゲン)に
黄金のゴンの音を合わせて 玄金:ゲンゴンもいい感じがしました


みなさまありがとうございました!


今回のお茶会ワークで今後形にしていきたいことが大きく2つ現れました

一つはこれらの護符の正式な受注体制を整えたいこと
これは準備しつつあるものでもあるので、
9月以降本格的な始動に向けて頑張ればいいとして

もう一つは、物じゃないものをお届けしたい意識が出始めたこと
簡単に言えば、対面セッションや遠隔ワークなどです
ただ、私個人の性質、感覚として

対面
相手のエネルギーを必要以上に感じてしまい、私がセッションどこじゃない
(お茶会ワーク後の爆睡の原因はこれです)
遠隔
相手が渡されたという実感、それ以上に私が渡した実感を感じにくい。
(mixiで実験したことはあります)

で、ほぼ使われない手段ですが、半遠隔、半対面(?)ができなくもない手段があるのは知っていました
ただ、遠隔ワークをするよりももっと具体的で厳密な設定を行う必要が
それこそ別次元にセッションルームを建てることになるので、
知識としては知っていてもやろうとは思っていませんでした

それを、ちょっと挑戦してみることにしました
遠隔対面セッション(?)が最終的にできるかはわかりませんが、
できなくとも場が完成すれば他にできることもありますので

そう思ったら、更新作業途中のHPのデザインが、
予定から大幅に変わり、でも今までよりずっと鮮明に現れました

何はともあれ、作ってみなければわからない、ってことでしょう
posted by 蒼綺晶 at 23:41| Comment(0) | おとひめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright 2009-2012 -- 蒼綺晶 -- All Rights Reserved